LOGBOOK
2013年8月


日付
天気  最高気温 水温 POINT 透明度 波高
8/28 31℃ 21〜23度 ショウガセ
ハナレ
5m 1.5m
水面は赤潮で茶系の色です。
相変わらず水温は低く40m付近は寒いです。
ハナレの砂地は底に張り付いて行けば水底は透明度8m位です。
底から2m付近は夕焼けのようで透明度ナシ。
台風で混ぜてもらいましょう。


日付
天気  最高気温 水温 POINT 透明度 波高
8/24 32℃ 21〜23度 ショウガセ
ハナレ
1〜5m 2.5m
台風と秋雨前線の影響でウネ・ウネでした。
ショウガセ透明度1m、ウネリ大, 寒いし見えない。
マツカサウオだけ見てエキジット。
ショウガセ潜水時間10分
バンジーは透明度30cmの情報でハナレにしました。
ウネリの影響は少なかったし
まだ薄っすら根が見えました。
頑張ってネジリン見てきました。
根に帰れて良かった。
でもエキジット前には又白っぽくなってきました。

明日はあまりの透明度の悪さとウネリのためクローズします。


日付
天気  最高気温 水温 POINT 透明度 波高
8/18 35℃ 21〜23度 ショウガセ
ハナレ
5〜15m 1.5m
台風12号と熱低の影響で弱いウネリが入ってました。
相変わらず20mから下は水温が低いです。
ハナレの砂地は透明度5m位で、まわりの根が見えない。
ショウガセは流れがあり、水深40m付近は冷たく透明度も悪いです。
アカボシハナゴイ・アサヒハナゴイ・スミレヤッコ・ソメワケヤッコは元気です。


★大瀬でも一時期問題になったアカネキンチャクダイYg(4cm)。
当初独立した種とされていましたが、その後のDNA鑑定でキンチャクダイキヘリキンチャクダイ
hybridであることが判明した訳あり魚です。

日付 天気  最高気温 水温 POINT 透明度 波高
8/11・12 34℃ 21〜24度 ショウガセ
ハナレ
12m 1.5m
透明度落ちてきました。
ベニヒレイトヒキベラYg(3cm)かわいいですよ。

日付 天気  最高気温 水温 POINT 透明度 波高
8/06.07 34℃ 21〜24度 ショウガセ
バンジー
ハナレ
20m 1.5m
昨日から透明度が急にUP。
ショウガセも船から根が見えました。
40m付近はまだ水温低いですが20mから上は快適です。
久しぶりのハナゴンべ。
バンジーは相変わらずウミウシだらけ。

日付 天気  最高気温 水温 POINT 透明度 波高
8/04 32℃ 19〜21度 ショウガセ
8m 0.5m
今日はmaniacな方ばかりなのでショウガセ 二本。
久しぶりのクジャクベラygですが、ちょっと中途半端。
今日は小さい方のアサヒハナゴイYg3cm弱。
まだ慣れないので離れて撮影です。
寒いのを我慢すれば水深40mは澄んでいました。

日付 天気  最高気温 水温 POINT 透明度 波高
8/03 33℃ 19〜21度 ハナレ
3〜5m 1.5m
今日もよく濁っていました。
今日はハナレ二本。
暖かいのは水面下1mだけ。
寒ーいです。濁ってます。
でも頑張って砂地へ行ってきました。
ヒレネガナジリンボウも沢山出ていました。
これも又極小のミナミハコフグYg(1cm)も居ました。
1cm程のミスジスズメダイ・5mm程のジャパピーも元気です。




Copyright(C)2008-2013 SEAMINDI All right Reserved